ビニェドス・バルモラルの原点

ガルシア・パラソン家は、20世紀初頭にアンティラーノ・ガルシアと共に農業を開始しました。

彼の農業の世界に対する愛情と献身的な姿勢を見て、彼の息子、ホセ・ビセンテとアントニオ・ガルシアは、農業を続けました。

何年もの間、夢を実現する方法を探し続け、エル・モラレホ農場に出会います、この農場は、数世紀間、ブドウ栽培を行っていました。

その主な強さは標高で、この農場は標高1.050メートルの大自然の中にある唯一の飛び地にあります。

彼らが確かに思っていたことは、これら全てが標高の高いブドウ畑で行わなければならないということで、そこでは、夏の涼しさと日中と夜間の温度差が独特の特徴を作り出すということでした。これが、現在、バルモラルの全てのワインとスパークリングワインに見られます。

地球温暖化が非常に重要な要素で、時間の経過と共に、業界の世界的なパノラマが変わることが予想されるため、標高の高さは、私達のワインの重要なポイントです。

かつて私達の家族が時代を先取りして行ったことは、現在の流行であることは事実で、今では毎日、有名なワイナリーが涼しさを求め標高の高いブドウ畑を買収しているケースが様々なメディアで報じられています。

これらは全て、当時では革命で、なぜなら、既存の決まりに背を向け、特殊な地方であるシャンパーニュにおいて最高のワイナリーの要求のレベルで醸造することに挑戦しましたが、標高が高いため、選んだ方法は正しいものであったことを全てが示していました。

その時、ホセ・ビセンテとアントニオが、フランス・エペルネー生まれで、シャンパーニュの有名なワイナリーでの経験を持つ、有名な醸造学者エルヴェ・ジェスタンと実りのあるコラボレーションを始めたのです。

現在では、誰も、ボデガス・バルモラルの強みを否定することは出来ません。なぜなら、そのワインやスパークリングワインは25か国以上で販売され、努力とノウハウにより多くの賞を受賞しているからです。

これは全て、ワイナリーが行ってきたことの価値の結果で、例えば、ブドウ畑で環境に優しい処置を行うという環境に対する敬意、高いレベルの要求で完璧を探し、特に、ワイナリーの成長と改善を目指し、家族による全ての時間、努力をかけた無条件の仕事などです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Política de cookies

Utilizamos cookies propias y de terceros para ofrecerte una mejor experiencia y servicio, de acuerdo a tus hábitos de navegación.

Si continúas navegando, consideramos que aceptas su uso. Puedes obtener más información en nuestra Política de Cookies.

CERRAR